二連紙巻器で狭小トイレのスペースを有効活用

最終更新日

狭小トイレに「スマホを置く棚が欲しい」「トイレットペーパーのストックを置きたい」と思い市販のトイレ用のコーナーラックを片隅においていましたが狭いトイレが更に狭くなり掃除の邪魔になるという問題がありました。

今回棚付きのTOTO 二連紙巻器 YH650をDIYする事で全ての問題が解決したのでご紹介します。


TOTO 二連紙巻器 YH650 (1,990円)


取り付け作業

これが以前の状態でホルダーは1個です。

ホルダーを取り外してみました。石膏ボードなので石膏ボード用アンカーが使われているようです。

TOTO 二連紙巻器 YH650の取り付け作業中

既存のネジ穴を1箇所利用して仮止めします。水平器を使って角度を調整しながら反対側のネジを仮締めします。

本来ならば石膏ボード用のアンカーを使わないと強度が出ませんが既存のアンカーを1箇所流用しているので他の場所のアンカーは省略しています(ねじ込んだ感じではしっかり固定されていました)

TOTO 二連紙巻器 YH650のネジ止め

ネジは4箇所あります。下の2本は電動ドライバーでも締め付けできましたが上の2箇所は奥まった場所にありロングビットでなければ届きそうにありません。

TOTO 二連紙巻器 YH650を装着した図

電動ドライバを使って10分くらいで取り付け完了しました。

スマホが置ける棚とトイレットペーパーのストック置きの一石二鳥です。足元に置いてあったコーナーラックを撤去してトイレが広くなったように感じます。2000円程度とお手頃価格な商品なので狭小トイレの方はぜひお試しください。

(2019年4月購入)

スポンサーリンク

シェアする